NeXEHRSコンソーシアム 皆でこれからの健康医療情報プラットフォームを創ろう・使おう・守ろう
市民・患者・医療者がみんなで支える
次世代の健康医療情報共通プラットフォームへ

NeXEHRSコンソーシアムは次世代健康医療記録システムの
共通プラットフォーム実現を目指すコンソーシアムです。
NeXEHRSコンソーシアム

設立の背景

 我が国の医療現場の情報システムは、医事会計システム、臨床検査システム、オーダエントリシステムから経過記録全般を電子化した電子カルテシステムへと発展してきました。この過程では、伝票入力システムがそのままIT化され、さらに日付ベースの日記のように記載してきた診療録がそのままのスタイルでITシステム化されているため、両者の連携が希薄であり、患者状態と医療行為との関連性が記録できていません。
 また、紙の診療録管理時代と同様に、電子化された医療情報も医療機関単位で管理されているため、医療機関を超えてひとりの患者情報を横断的に管理できていません。患者が自分の情報を当たり前のように参照・管理できることも前提にされていません。そのため、自分の受けた医療の情報を別の医療機関で使ってもらうこともままなりません。
 一方、蓄積された電子診療情報と連動した意思決定支援システムや構造的にデータを参照するシステムを、それを得意とするベンダーが開発して追加組み込みできる機能が不足しているため、IoTデバイスからのデータ取り込み機能を始めとするさまざまな先進テクノロジーを電子カルテに組み込むには莫大なコストがかかります。結果として医療現場はますます情報を必要としているにもかかわらず、情報だけが増加し、効率的な利用ができなくなりつつあります。
 こうした状況は患者にとっても医療現場にとっても、そして社会全体にとっても改善する必要があります。そのためには既存の医療情報システム同士をつなぐ、あるいは既存のシステムに姑息的に改修を加えるといったこれまでのアプローチではなく、まったく新しい発想で、今後の健康医療記録システムを見据えて、共通のプラットフォームを開発する必要があると考えられます。